大熊山仙人谷の紹介

日本語

大熊山仙人谷観光スポットはハナム省登封市徐庄鎮の境界内にあり、中岳嵩山の余脈に位置しています。総面積は約36平方キロメートルで、最高海抜1166メートルで、森林の被覆率は95%に達しています。

観光地区の山々は青々としていて、碧波が抱擁し、月湖、仙人洞、愛人谷、紅石寨などの自然観光スポットが盛観を呈しています。豫西革命紅色文化展示館などの人文観光スポットは深いです。5 Dガラス橋--飛雲天橋、七色の干ばつ、音楽叫び泉、水上飛人ショー、漂流遊戯水などの娯楽プロジェクトは十分に興味があります。レジャー娯楽を一体化した総合的な観光スポットです。  

観光地区は十里渓谷、愛人谷、紅石寨の三大自然観光区を持っています。赤い研学教育基地で、十種類以上の多彩なアトラクション体験プログラムがあります。

その中の核心観光スポット十里渓谷は典型的な紅岩の峰々谷群の地質地形峡谷に属しています。水、林、穴、景色を一つにして、渓谷内の七大山地の湖の碧波が起伏しています。五大瀑群の飛花が四方に飛び散って、鳥が林密で、山水が寄り添っています。

QQ截图20200620110759